So-net無料ブログ作成
検索選択
矯正イロイロ ブログトップ

孔だらけの人生なわけで [矯正イロイロ]

ひたすら続いております、矯正シリーズ。

腰パンマンとの顛末、ネタとしては面白かったのですが
「こいつにワタシの眼をまかせていいのか!?」
不安と疑問が渦巻く中、セカンドオピニオンを求めて(?)
本日、別の眼科の門をたたきました。

受付の方も、検査の方も…そして先生が。
とても普通に常識的に親切丁寧で。
瞳孔を開いているせいだけじゃなく、みんな輝いて見えました!
普通って素晴らしい。
当たり前のことを当たり前にするって素晴らしい。

さて、診断の結果は。


右目 1つ。
左目 3つ。

孔開いてるそうです。(+_+) 孔だらけ!

眼底写真を見ながら、ひとつずつ説明をしてくれました。

うーむ。左目1つだけだと思っていたのに…
ついでに右目は網膜格子状変性といって、網膜が薄くなっていて
その一部に孔が開いているらしい。○部分が孔。

先生は「ザルみたいな状態」とおっしゃっておりました。
昔からザルと言われていたけど、眼までザルとはビックリ。

・今すぐ剥離に進む恐れは少ない(経過観察は必要)
・100%剥離しないわけではないので、心配だったらレーザーで治療も可
・レーシック施術はレーザー治療をしないとGOサインが出ないはず
 (施術時、眼球を強くおさえるので、裂孔から剥離する可能性が高くなる)
・裂孔が見つかっても患者には言わず、
 そのままレーシックを行う病院もあるので教えてもらえてラッキー

説明がわかりやすく丁寧で、すっと頭の中に入ってきました。
レーザー治療(予防)をするかどうかはワタシ次第。
ということで、レーザービーム、打ってもらっちゃいます!
早速予約を取らなくっちゃ!

***

そうそう、腰パンマンのいる病院。
予約キャンセルの電話を入れました。
「そちらのS先生の対応にとても不安を感じましたので
 他の眼科で診てもらい、そこで治療することに決めました。
 S先生は対応を改めないと、きっと患者さん減りますよ」
受付嬢には何の落ち度もないから、
ここまで言うことはなかったのかもしれませんね。

だけど、あなたたちの職場は彼ひとりのために潰れちゃうかも知れなくってよ。


ラ・ガーン星人(仮)vs腰パンマン [矯正イロイロ]

先日の記事で、網膜裂孔と診断された、と書きました。

★瞳の奥に隠されたひみつ
http://blog.so-net.ne.jp/john2nd/2008-02-05

記事の翌日、早速眼科へ行ってまいりました。
網膜裂孔の治療は、孔の開いている部分にレーザーを照射し
人工的にやけどの状態(ひーっ*_*;)を作り、孔をふさぐというものらしい。
なので、事前にネットで調べて、レーザー砲のある眼科へ。

とあるビルの2階にある眼科。
階段を上っていくと、白衣を着たやけに愛想のいいおじさんが
「あー、すいませんねー。ちょっと電車が遅れてるみたいで
 まだ先生来てないんですよー。中で待っててくださいねー。」
と。え?駅ではそんなアナウンスなかったけど?
まあ、しょうがない。待つとしよう。

受付で紹介状を渡し、問診票を記入。
本を読みながら待っていると
男性がひとり、無言で入ってきて奥へと消えていった。
腰パン、しかもずるずるひきずり、こきたない格好の男子。
コンタクト屋も併設してるので、そこの係の人だろう。

しばらくして

「JOHNさーん」

呼ばれたので、荷物をまとめ診察室へ進もうとしたら

「JOHNさーん!いないの?」

「…はいっ!」

最初に呼ばれてから、10秒も経ってないんですけど。
どうやらせっかちな先生であるらしい。

「おはようございま~す。よろしくお願いしま~す

診察室にいたのは、

椅子にふんぞり返って、サンダル履きの足を組み
ペンをくるくる回している…

さっきの腰パン男

中途半端に伸びた髪の毛は寝ぐせのままだし
目の前に座っても、足は組んだまま…

「で、どうしたの?網膜裂孔?何かで診断されたわけ?」
…紹介状とか問診票は見てないわけね。はぁ。

レーシックの検査で見つかったことを告げると
「で?レーシックはもうやったの?あ、まだ?あ、そう(鼻で笑う)
じゃさ、もう一回調べるから。ちょっと待合室で待ってて」

こいつ…ダイジョブか、おい…

不安になりながらも、ここで帰るわけにもいかず
薬点眼後、瞳孔が開くまで20分、おとなしく座っていた。
眩しくなり、そろそろ呼ばれるかと思った頃、
突然腰パン男が診察室から出てきた。
携帯で話しながら…外へ。待合室の窓からは携帯で話してるヤツが見える。

待合室には診察待ちの方がワタシの他に3人。
『ちょっと、長すぎじゃん?』…口には出さないがみなチラチラ外を見ている。
少々不穏な空気が流れ始めた20分後、ようやく戻ってきた。

診察。
「あー?どれだ?右って言われた?左?」
「左です。」
「あーーーー。これかこれか。ああ~(薄笑い)」
電子カルテの画面に、ガチャガチャと丸をつける。
何か書き込んでいる。文字には到底見えないものを。

「これさ、別に大丈夫だと思うよ。
 治療しなくても今すぐどうこうないんじゃない?
 とりあえず様子見るから2週間後にまた来て。20日ね」

ワタシの都合とか聞かないんかーい!
20日はシゴトだ。診察時間内には来られない。
でも、そんなことを言う気力も失せ、それでも一応オトナなので
「ありがとうございました。またよろしくお願いします」
と言って診察室を出る。

そのワタシの背中に向かって。

「あー、レーシックね、やめときな。
 
やんない方がいい。
 レーシックやめやめ。」


…は?
さすがのワタシもこれにはカッチーーーーーーーンときた。

「あー、そうですか。はいはい。わかりました」
捨て台詞をはいて、診察室を後にする。

医者ならきちんと

患者と正対して説明しろ。

自分のシゴトわかってんのかボケ!
お前みたいのは「医者」とは言わないんじゃ!
医者は病気を診るんじゃない、患者を診るんだ、バカモノ!
今は、病院もサービス業なんだよ!

19日に予約は入れたものの、再度そこへ行くかは考え中。
ある意味、レーシックより網膜裂孔の手術の方が怖い。
だって、網膜焼くんだよ。じゅーーーーー。
網膜は光を結ぶ部分=はがれたら見えなくなる。
安心して任せられる人にお願いしたい。
ワタシは間違ってるだろうか?

レーシック、角膜をいじる手術ですから、
危険性がゼロでないことはわかっています。
だけど、何をもって「やんない方がいい」のか?意味がわからん!
むしろ、「絶対やってやる!」と思ってしまいました。

目指せ!ラ・ガーン星人!!


瞳の奥に隠されたひみつ [矯正イロイロ]

2つ前の記事で予告していた「もうひとつの矯正」。
 ★矯正だらけの人生なわけで
  
http://blog.so-net.ne.jp/john2nd/2008-01-25

それは…皆さまお気づきのとおり。

近視矯正手術!!レーシックです。

レーザーを使用して屈折矯正を行い、
憧れのラ・ガーン星人(裸眼)になっちゃおうじゃないか!という
壮大な計画でございます。

続きを読む


30歳からの矯正日記~思い出は痛みと共に~ [矯正イロイロ]

前の記事にpingpongさんから

「30過ぎての歯列矯正は、痛かったですか?」

というコメントをいただきました。

結論。
痛~~~いですよ、もちろん!
たぶん、何歳でやっても痛いと思います(笑)

今日は、歯列矯正について思い出しながら書いてみようと思います。
興味のない方はスルーしてくださいませ。

続きを読む


矯正だらけの人生なわけで [矯正イロイロ]

スーパーくせ毛マンなので

縮毛矯正。 既に10年以上。

 

スーパー歯並びワルえもんなので

歯列矯正。 30歳から6年かかりました。

 

矯正だらけのワタシ。

ついでにもうひとつ矯正しちゃうかも。

 

そのお話はまた後日。
後日談がなかったらスミマセン…


矯正イロイロ ブログトップ