So-net無料ブログ作成
検索選択
 ☆[チチ]ホルモン療法 ブログトップ

きっと副作用【リュープリン1年】 [ ☆[チチ]ホルモン療法]

どうにもこうにも

アタマがイタイ。



いやぁ、歯痛と頭痛って同類項だと思う。
ガマンしてもどうにもならん感じ。つらい。
相当痛みに強いワタシも、お手上げしちゃう。

薬にはあんまり頼りたくない種族なのだけど
頭痛にはすぐ降参して、頭痛薬を飲んでる。
こればかりはしかめっつらしてガマンしてもしょうがないじゃーん、と。

しかし。

今回の頭痛は手強い。

薬、慰め程度にしか効かんのだ。
痛みに波があって、
「楽になった!」と「うーむむむ」が交互にやってくる感じ。
(これを書いている今は「楽になった!」期)

うーむむむ期には、頭を動かすのもきつくて
丸まっておとなしーく目を閉じて横になってやり過ごすのみ。
当然、こんな状態でシゴトができるわけもなく
2日間も休んじゃった(時給なのに!!!涙)。

抗がん剤治療中、同じような頭痛がしばらく続いた時は
念のためMRI撮ったっけなー。あの時はバファリン効いたんだよ、確か。
■MRIとCTとダメ血管
http://john2nd.blog.so-net.ne.jp/2010-02-05

この頭痛はなんなんだろか。
ひどく頭が痛いとFBに書いたら、
「リュープリン(ゾラ)注射後は頭痛がする」と友達からのコメント。

あー、これって、副作用なのか・・・。
リュープリンの副作用一覧にも確かにある。「頭痛」。

約1年注射してきてこれだけ頭が痛くなったことはない。
(肉芽腫は毎回痛い。これはまた今度書こう)
アロマ検定で頭使ってお疲れ気味だったせいなのか
それともこれから投与ごとにこれが続くのか。

できれば、前者であってほしいと思いつつ
頭痛薬を買い足しとこうと思うワタシなのだった。
ええい、早く痛くなくなりやがれーーーー!


ランキングしつこく参加中(笑)!
よろしければポチっと1クリックお願いします。
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

ぶつぶつ…。 [ ☆[チチ]ホルモン療法]

気がつけば1ヶ月以上も放置(汗)
暦の上では秋になりましたね。

その間のまとめ。
毎日オリンピックに熱い声援を送り、
くそ暑い中片道4キロ超の自転車通勤をし、
早朝ゴルフにいそしみ、体重が4キロ減りました。
年取ってから痩せるとしわっぽくなる…を痛感しとります(涙)

さて、この1ヶ月の一大事。
それは「ぶつぶつ」!
8月初めに、両二の腕から始まり、太ももさらにはふくらはぎ、
しまいには首、顔まで。
ほとんどかゆくない謎のぶつぶつが出現。
しかたなく皮膚科に行ったら

判定は
じんましーーーーん!^_^;

原因は不明。
というか、皮膚科の診察30秒くらいだったので原因深追いできず。
先生はぶつぶつを一目見て「じんましんだねー。何か食べた?」
「いや、特に思い当たることないです」
「ま、薬出しとくから様子見て」
…終了っ!早すぎる。

ネットで調べてみたらリュープリン注射後にじんましん出たとか
書いてある人がちらほら…。うーん。そういう症状の方いますか?
良くないことは何でも薬のせいにしたい今日この頃(笑)

実はまだ顔の一部がうっすらぶつぶつしているのだけど
ゆるやかに良くなってる(気がする)ので良しとします。
早く治れー。

ぶつぶつPHOTO


nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

モヤリエンヌ。 [ ☆[チチ]ホルモン療法]

2012年6月8日。

右の下腹をぎゅむっとつかまれ、リュープリン4週間(1ヶ月)製剤を
ぷちっとちゅーっと注射
この日のためにため込んでいたおなかの肉のおかげで
たいして痛くもかゆくもなく、さっくり終了。

同じような注射をしている方のブログを見ると
「ぶちっ」って表現をしている場合が多くてビビってたけど
あればゾラデックスなのですね。リュープリンは普通の注射でした。

リュープリンを注射してから2週間。

今日は調子がいいぜ!な日がなく、
もやもやっとした日々を過ごしておりまする(-_-)

体調がいまいちなのは
季節の変わり目のへんてこりんな気候のせいかもしれない。
ちっとばかしオーバーワークなスケジュールのせいかもしれない。
うっかり夜更かししちゃったせいかもしれない。

だから、全部リュープリンのせいだとは言わないけど

ホルモン療法でおなじみのホットフラッシュに滝汗頻発
いつももやっとした空気に包まれているようなぼんやり感
軽いめまいとじわっと頭痛

このへんはリュープリンの影響なのかな。

もやっとしながらも普通に生活できてます。
だから、これからも続けるけど・・・


すっきり過ごしたいぞーーーーーっ!

いつか体が慣れてくれることを心から願ってます。


nice!(2)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

注射いっとけ! [ ☆[チチ]ホルモン療法]

前の記事でもやもやしていた注射ですが

      やることにしました。

      ってゆーか、一本打ちました。

あ、前回の記事とトーンが違うじゃん!って?
そうなんです。気が変わったんです。

先日、先生と話す機会があり、先日書いたようなことを
一通りお話ししました。
正直に、どっちかというと注射はしたくないという話も。

先生も気にかけてくださって、手術をしてくれたDr.Nにも
わざわざ治療方法を相談してくれたそうです。
「Dr.Nはリュープリン5年って言ってる」んですと。

ワタシが再発ハイリスク組で、超がつくほどのホルモン強陽性で
あることを考えれば、エストロゲンは出ないに越したことは
ないんでしょうね。5年やれば自然閉経のお年頃だし。

ワタシに生理が戻ってきたのを見ればわかるとおり
タモキシフェンは生理を止める薬ではないんですね。
(生理不順になったり、止まる方もいるようです。)
乳がん細胞が持っているエストロゲン受容体に先回りしてくっつき、
エストロゲンとがん細胞がくっつかないようにする
いわばイス取りゲームのすご腕くんという感じでしょうか。

受容体にどっちが先にくっつけるかってことなので
そりゃ、敵(エストロゲン)が少ない方がいいに決まってる。

同席してくれた看護師さんがワタシに聞きました。
「JOHNさん、今絶好調でしょう?」と。
そう、最近のワタシは絶好調。
オーバーワーク気味で少々疲れてはいるものの
気分の浮き沈みもなく、ホットフラッシュもなく
「やったるでー!」と何でも前向きになれちゃう。

「それね、ホルモンのおかげなんだよ」と。
あー。そうなんですねぇ…。
エストロゲン出まくってるってことですね。

でも、ワタシが注射を打つ気になったのは、
理屈というよりは、人情(?)からなのです。
ワタシには意見を押しつけることなく、穏やかに
「僕はやっておいた方がいいと思うけどねー」と
話していた先生ですが、看護師さんには
「自分の家族だったら絶対注射打つよ。だから打ってほしい」と
言っていたそうで・・・。

信頼できる先生がそこまで言っているってことと
診察時間外にまで考えてくれていたってことに
すごく心が動きました。ありがたいことです。

副作用に耐えられなければ、止めることも考えつつ
とりあえず一本打ってきました。
お代金 13000円ほど(T_T)

さて、体調はどのように変わったのか!?
注射を打った話はまた今度。


nice!(3)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

注射いっとく? [ ☆[チチ]ホルモン療法]

あらら、気がつけばGWが終わっている…。
シゴトを辞めて、少しのんびり…のつもりが
ちっとものんびりできず(苦笑)、
嵐のよーな1ヶ月を過ごしてましたっ!むきー!

あきれず読んでくださる方はいるのだろうか
と思いながら、病気ネタなのでこちらに記録。

3月だったか、月光仮面(生理)がカムバック。
それはそれは驚くほどの出血大サービス!
先生に報告し、ホルモン値(エストラジオール値)を調べてもらったら
しっかりと上昇しておりましたとも。うえー…(-_-)
ワタシ的には恒久的閉経で良かったんだよ。
でも、戻ってきてしまったものはしょうがない。

ワタシのようなホルモン陽性の乳がんの場合
閉経前であれば
卵巣機能をSTOPするLH-RHアゴニスト製剤(ゾラデックスとかリュープリン)
ってのを注射して生理を止め(2年程度)
タモキシフェン(ノルバデックスとか)を服用する(5年程度)
ってのがスタンダードの治療方法。

◆よくわかる乳がん/ブリストルマイヤーズ(株)
どのように効くかわかりやすい図が載っています。
http://www.bms.co.jp/nyugan/info/06_04_05.html


化学療法で卵巣がお休みしちゃってたワタシは
この注射の方はやっていなかった。
◆飲み忘れ禁止令/ホルモン療法始めた日の日記
http://john2nd.blog.so-net.ne.jp/2010-05-20-1

で、生理が戻ってきた=卵巣機能復活!だから
「じゃあ、次回から注射しましょう」
と言われてその気になっていたのだけど…
注射を始める、まさにその日に、はたと気づいた。

ワタシ、生理2年以上なかったよ?
生理を止める注射が2年でいいなら、
それだけの期間生理止まってたらいいんじゃん?

先生に聞いてみる。
「うーん…そういう臨床試験がないからねー。
 やった方がいいともやらなくていいとも言い切れないんだけど
 僕としてはもう少し卵巣機能は止めておきたいんだよね」

もう一声突っ込んでみる。
「どっちとも言えないのに、先生が卵巣機能を
 止めておきたいと思う理由は何ですか?」
 
「うーん…やっぱり、リスクだよねぇ。リンパ節転移がねー」

あちゃー。やっぱそれか。

結局、もやっとしたまま注射を始めるのは良くないってことで
一度婦人科の診察を受けて、子宮(内膜&ごろごろ筋腫)の状況を
診てもらってから考えようということに。来週、婦人科に行く予定。

抗がん剤ですら、かなり楽しんで受けてたワタシが
なんで今さら注射ごときでもやもやするのか。
腹にぶちっと注射するという体験自体は面白そうなのだけど(おいおい)。

 1:副作用が地味にきついかも(-_-)
    今はちょっとやりたいことがあるし、
    新しい環境でいっぱいいっぱいなのに
    体調・気持ちが不安定になるのがイヤ。

 2:結構いいお値段(切実。:苦笑)
  

 3:長期間の治療になる

はっきりしたエビデンス(科学的根拠)がないのに
副作用とお金を2~3年負担してもやるべきかってとこ。
細かい不便はありながらも、ほぼ普通の生活に戻っている今、
予防とはいえ、新しい治療をすることにちょっと抵抗が。

うーん。
さて、どうしたもんかな…
どっちにしても今月中には方針固めなきゃ。

生理が戻った♪と赤飯炊いてお祝いできないって
女子(一応)としては複雑だわ~(笑)。


nice!(3)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

来た!ノルバ痛!? [ ☆[チチ]ホルモン療法]

5月21日から始めたホルモン療法。
3ヶ月経ち、2回目の処方をしてもらった。

初回はジェネリック(アドパン:沢井製薬)にしたけれど
ずっと体がだる重で、どよーんとする。
病気は"気の病"と書くんだから!と自分を鼓舞しても、どよーんが続く。

途中から、「これはきっとアドパンがワタシに合わないのだ!!
次はノルバデックスにしよう!!」と心に決めて、
時々飲み忘れながらも(苦笑)2回目の処方を待った。

そして、待ちに待ったノルバデックス処方。
飲み始めて…半月。アドパンほどだるくはない。


でも…



痛い。



両手首が痛い。



筋肉痛?血管痛?と思っていたけれど、痛みは日増しに増量。

ついに今日は
洗濯したタオルをパーンと伸ばそうと振ったら、痛くてタオルが飛んだ。
立ちあがろうとしてテーブルに手をついたら、涙が出た。


筋肉痛を起こすようなことしてないし
抗がん剤を点滴していない右腕は血管痛を起こすわけがない。

もしかしてこれ、副作用ですか?
ノルバデックス痛ですか???(←こんな病名はありません、念のため)

ホルモン感受性強陽性。打つ手があるのは幸せなこと。
わかってるけど…あえて言う。


あーーーーー もーーーーーーっ


ホルモン剤やめたーい
     ヾ(*`Д´*)ノ"彡☆




あー。すっきりした(笑)
症状を緩和する方法、何かあれば知恵を授けてくださいませm(__)m


***


9月に入ってから、いろいろバタバタしています。
特にシゴトは一気に病気前に近い状況になっていて
体も気持ちもついていけてない感が満載です(笑)
そのため、自宅でPCを開く余裕がなく、
ブログ訪問もコメント返信も超スローペースになっています。
あきれずにお付き合いくだされば幸いですm(__)m


***


ランキング参加中!
頑張っている人たちがたくさんいます

にほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村


nice!(7)  コメント(25)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

先発品とジェネリック [ ☆[チチ]ホルモン療法]

ワタシが飲んでいるホルモン剤は、抗エストロゲン剤のタモキシフェン。
 ホルモン療法についての詳しい説明はこちらへ。
   ■
乳がん.jp 手術後の薬物療法

この薬の先発品は「ノルバデックス」。
ジェネリック(後発品)が出ているのは知っていたけど
何となく、ノルバデックスを使おうかなぁと思ってた。

医薬品業界の詳しいことなんかちっともわからない。
でも、勝手に「先発品を作ってる会社=新薬開発」というイメージで
それならちょっとでも売上に貢献して
がんばって良い薬を作ってほしいと思って。
他の方のブログでジェネリックでもそんなに金額変わらない、と
読んだような記憶があったし。


薬局で「ジェネリックがありますけど、どうしますか?」と聞かれた時も
ノルバデックスで…と答えるつもりでいた。


ところが。

「ジェネリックだと 金額が3分の1になります。」





「ジェネリックで!」

…おいっ!(笑)

ノルバデックスとアドパン(ジェネリック)の差額はおおよそ

90日で6000円。
1年で24000円。
5年で120000円


うんうん、
もう散々医療費使って財政圧迫してるしね、
やっぱり国のこと考えたら少しでも安く上げないとね…

なーんて言い訳してみるも
新薬開発とお財布事情を天秤にかけたら
お財布事情が勝った次第。あはは^^;

とらぬ狸の12万円を何に使おうか考える、小市民なワタシ(笑)

***

先発品とジェネリックは、有効成分については同じですが
添加物などの違いがあって(溶ける速度が違ったり)
効果が全く同じとは言い切れないようです。
選ぶ時には、主治医に相談しつつ自分でも考えることが必要なように思います。

ワタシも、今回はお財布事情を優先してジェネリックにしましたが、
次回以降、主治医に相談して先発品に変えるかもしれません。
痛み止めなどと違って、結果がすぐ見える薬じゃないだけに
判断が難しい(´ヘ`;)…イノチカカッテルシ。

でも、先生がいいって言ったらそのままジェネリックで(笑)


~6月6日追記~
タモキシフェンの処方薬一覧見つけました。ご参考までに…
 ■ここカラダ
 http://www.cocokarada.jp/medicine/freeword/index.jsp?pilbookno=900110

ランキング参加中!
頑張っている人たちがたくさんいます

にほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村


nice!(11)  コメント(22)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

ゼンマイ仕掛けのワタシ [ ☆[チチ]ホルモン療法]

「あいたたた…」

ホルモン療法を始めて1週間。
副作用祭り開催中!

布団から起き上がるのに「いたた」と言わない日がない。
特に運動はしてないし、重いものも持ってない。
なのに、なんなのさー!この筋肉痛・関節痛(泣)

ギシギシ音のしそうな体を起こし、よろよろ立ちあがる。
伝い歩きで移動、立つのも座るのも一仕事。
ゼンマイ仕掛けのおもちゃのようにぎくしゃくぎくしゃく。
朝の30分は体が少しずつほぐれて油が回るのを待つ時間。
寝ている間に戻りきったゼンマイを巻き直す時間。

「起きて5分で出かけられる」のが自慢だったのに
30分はまともに動けなくなるとは、
恐るべしホルモン療法の副作用。

今のところ自覚できる症状として

 ・筋肉痛・関節痛(起きぬけが一番大変)
 ・ホットフラッシュ(かぁーっと熱くなり、汗がダラダラ)
 ・胸痛・腰痛(坐骨神経痛に似た痛みも)
 ・手足のこわばり
 ・しびれとむくみ(パクリタキセルの副作用)

副作用と言っても抗がん剤のようにきつくはない。
"つらいっ"というほど華々しい(?)感じじゃないところがまたニクイ。
地味~に立ち向かうしかない症状ばかり。

あと4年と51週。

地味に立ち向かってやるともさ。
毎日地道にゼンマイ巻きながら、ゴールを目指して、ね。



***


ホルモン剤(タモキシフェン)の「特に注意すべき副作用」の中に
「子宮筋腫」を発見。子宮体がんのリスクが上がるのは知ってたけど。
あれ?閉経状態になれば子宮筋腫小さくなるんじゃなかったっけ?

「乳がんに対してはエストロゲンの働きを抑える一方、
 子宮に対してはホルモンとよく似た作用を発揮」 だって(汗)

あちゃー^^;
子宮筋腫がこれ以上育ちませんように。
来月の検査で「全摘」とか言われませんように。

 □ワタシの子宮筋腫にまつわる色々
  ■ゴロゴロと落ち武者
  
http://john2nd.blog.so-net.ne.jp/2009-10-24
  ■やっぱりそっちも?
  
http://john2nd.blog.so-net.ne.jp/2009-10-29
  ■見守る方向で
  
http://john2nd.blog.so-net.ne.jp/2009-12-19

***覚書***
10年5月20日(木)
病院滞在時間 14:00~14:30
 ・乳腺外科診察&ホルモン剤処方
【診療費】410円
 ・アドパン(ノルバデックスのジェネリック)90日分
【薬代】3,300円


ランキング参加中!
頑張っている人たちがたくさんいます

にほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村


nice!(10)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

飲み忘れ禁止令 [ ☆[チチ]ホルモン療法]

リンパ節転移数別生存率.gif

over10、と先生は言った。



パクリタキセル最終日に、腫瘍内科の先生に質問した。
リンパ節転移10個ってどうなんですか?」と。
多いのはわかっていて、あえて聞いてみた。

「少ないとは言えないです。over10って言ってひとつの目安になるので…」
と言って見せてくれた表が上のもの。

あー、やっぱりこれ出ちゃいましたか(笑)。

以前、自分で調べた時に見つけたものと同じ。
これはG研のデータ(先生はG研の人)だけど、
同時に見せてくれた国立Gセンターのデータもほぼ同じようなグラフ。

「抗がん剤をすると、生存率がこの倍になって
 ホルモン療法の恩恵を受けられるJOHNさんは
 さらにその倍くらいになるので、転移1~3個とほぼ一緒かな」

"先生、データのタイトルが「乳がん"治療後"の生存率」ってなってるよ(笑)"
心の中で軽くツッコミを入れてみるけど、口には出さず。
データ自体が「90年以後」となっているから、今の平均値はもう少し高いんだろう。
まあ、数字はあまり気にしてないんだけど。

「たとえリンパ節転移がなくても、再発の可能性はあります。
 だけど、20個以上転移していても無再発の人もいます。
 まずはやれることをちゃんとしましょ。
 ホルモン剤は"飲み忘れた!"とか言わないようにしてくださいね^^」

薬は、症状がないとついつい飲み忘れる。
肝臓の薬、しびれの薬…3週間分とか処方されて
「もうそろそろ薬飲み終わりますね」と言われた時に
何故か1週間分の薬が残っている、この不思議(笑)。
正直に白状してたから、先生はワタシが飲み忘れ常習犯だとご存じなのだ。

「ホルモン剤は、しびれの薬とはわけが違いますから
 ちゃーんと飲んでくださいね。ほんとに。絶対ですよ!」

数字的に決して高いとは言えない生存率グラフを見せたのは
飲み忘れんじゃねーぞ、という先生の脅しも入っていたのか(笑)


ジェネリックだよー.jpg

今日処方された薬。タモキシフェン(薬名:アドパン/ジェネリック)。
90日分・1日2回の180錠。
これを、ひとまず5年。

抗がん剤で卵巣機能が抑制され、生理が止まっているけど
戻ってくる可能性もゼロじゃない。
生理が戻ってきたら、止めるためにゾラデックスという注射をするそうで。
同病の方のブログを見ると、ふっとい注射をおなかに「ぶちっ」と打つらしく
かなり痛そう…生理が戻ってこないことを祈る(笑)



5年間毎日朝晩飲み続ける。


忘れん坊のワタシ、相当がんばらねばー。
抗がん剤より手術より、きついかもしれない(爆)





ランキング参加中!
頑張っている人たちがたくさんいます

にほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
nice!(13)  コメント(25)  トラックバック(1) 
共通テーマ:健康
 ☆[チチ]ホルモン療法 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。