So-net無料ブログ作成
ラヴ(ヒト) ブログトップ
前の10件 | -

同じ時間 [ラヴ(ヒト)]

つばめ.jpg

お互いを見つめるのではなく、
同じ方向を向いて進んでいくのが結婚だと思う。




今日は結婚式記念日。

17年前も土曜日だった。


結婚式
「終生かかわらぬこと」を誓われてから17年。
紆余曲折ありまくりながらも、なんとか17年間かかわってる(笑)

ワタシたちが結婚した年に生まれた甥っ子は
今、高校2年生。

高校2年生、夫と出会った年だ。

斜め前の席に座っていた男子が
いい年のおっさんとなって、今も隣にいる。
ま、そこからずっと付き合ってたわけじゃないんだけどね(笑)


生まれてから出会うまでと
結婚式から今までが
同じ時間になった。

ちょっとだけ特別な、「17年」目。




***


ワタシの結婚式ネタ
■終生…誓います?! 
http://john2nd.blog.so-net.ne.jp/2006-09-04

お客様には「仏滅は安くて空いてていいですよ!」と
さんざんすすめるくせに、自分の結婚式は、友引の土曜日だった(笑)。

当日の挙式時間14:00に合わせて記事アップ!


nice!(15)  コメント(26)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

456,152 ×アリガトウ [ラヴ(ヒト)]

4月1日、なんと去年から無職の日ではなくなりました。
そんなわけで出勤前の時間に更新です。

2005年の今日、「シゴトはつらいよ【改】」はスタートいたしました。

早いもので、それから丸4年。今日から5年目に入ります。
この記事を書いている時点でPVは456,152。
よ、よんじゅうごまん!\(◎o◎)/!
ブログを始めた頃には考えられなかった数字です。驚愕。

シゴト話題書くぞ!と始めたはずなのに、
シゴトの割合がどんどん減っている「シゴトはつらいよ【改】」(笑)。
ふらふらと興味の方向が変わる気まぐれなブログを
読んでくださっているみなさん、本当にありがとうございます。

ブログ友達のみなさま。
nice!やコメント、時にメッセージやメールをありがとうございます。
ブログを続けてこれたのはみなさまのおかげです!
お会いしたことがある方も、
これからお会いする予定の方(勝手に決めてます)も
今後ともよろしくお願いします。

リアル友達・仲間のみなさま。
いつも楽しいネタをありがとう!
あなたたちがいなければ、このブログは成立しません!
面白い仲間に囲まれたワタシはシアワセ者です。
リアルでもブログでもよろしくお願いします。

担当させていただいたお客さま。
ステキな出会いをありがとうございます。
披露宴が終わっても、引き続きお付き合いできていることが
本当に本当にうれしいです。
シゴトを続けていく、大きな大きな力をいただいています。
今後ともよろしくお願いします。

2006年3月に「小学校を卒業」と書いた甥っ子は
この春「中学校を卒業」しました。
高校生です、ひげ生えてます、声変わっちゃいました(涙)
「大学生に」「社会人に」の記事を書けるように
これからもマイペースで続けてまいりたいと思います。




456,152にアリガトウ。

そして

これからもヨロシクおねがいします。


nice!(13)  コメント(21)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

もてもてねーさん [ラヴ(ヒト)]

ワタシだってたまには年若い男子にモテるのである。


 

いやいやいやいや、ワタシ、ヒトヅマですから。
そんなに真剣な目で見つめられても困っちゃうよぅ。

 

 

 

 

Kちゃん.jpg


ワタシを"ねーさん"と呼んでくれる友人のお子ちゃま、Kクン(10か月)。

この前会った時にはベビーカーに乗って、ミルク飲んでたのに
もうつかまり立ちしてバナナとヨーグルトの離乳食をパクパク食べてる。
いないいないばぁに笑い、何ごとかを一生懸命話してる。
パパにそっくりな大きな目を輝かせながら
空気清浄機の吹き出し口を必死に覗き込んでる。
写真好きでカメラを向けると、しっかりカメラ目線。

すごい成長っぷりにびっくり。


人見知りが始まって、男の人やおばさんには大泣きするらしい。
最初は戸惑ってたけど、遊んでいるうちに慣れてくれて
手遊びをしたり、膝に座ってくれたり。…いやぁーん、かわええ♡

とりあえず、今日のところは"おばさん"と認識されなかった
…と、いうことで(笑)




次は手をつないでお散歩デートかな♪フフフ。

 

***

小さなお子さんを撮るのって難しい!
20枚以上撮ったのに、まともに写ってたのが3枚…
あとはみーんなぶれたり、ピンボケ(号泣)。

育児ブログを拝見すると、すてきな写真がいっぱいあるのに。
一体どうやって撮ってるんでしょうか!

撮影時のポイントを

誰か教えてくださーい!!


nice!(8)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

おうちdeイタリアン [ラヴ(ヒト)]

じゃん☆ 

真鯛のカルパッチョ.jpg

 ■真鯛のカルパッチョ■

 

 

じゃじゃん☆

じゃがいもとキャベツのアンチョビ風味.jpg

 ■じゃがいもとキャベツのアンチョビ風味パスタ■

やっほ~!おうちdeイタ~リア~ン♪




おおおおおおおおおお~~~~~~っ!
JOHNブログ初の料理ネタか!
なかなかやるじゃん!





…と思った方はほとんどいないと思いますが。
いませんよね(涙)





はい、もちろん、ワタシの作ったものではございません。


この料理を作ったのは???


nice!(12)  コメント(19)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ゆめのなかで [ラヴ(ヒト)]

ゆめを見た。



 ゆめでいいから会いたいな~



なんて、
ワタシにしては
珍しくもおとめちっくに思ってた人に

ゆめで会えた。



軽~く10年以上は会っていないその人は

ゆめの中だというのに
しっかり10年分は年をとってた。
すっかり髪が薄くなってて
何だかしわも増えてて
ちょっとおじさんになってた。

構えるでもなく、ドキドキするでもなく
普通に笑いながら
「あの頃は…」みたいな話をして。





つーか、ゆめの中なら
も少しゆめゆめしいシチュエーションで会いたかったよねー。

大好きだった"あの頃の"その人に。

おじさんになっているその人になんか会いたくなかったやい。


nice!(5)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Heartful Mindドレスショー ~はじめてのお手伝い~ [ラヴ(ヒト)]

「Heartful Mind…
 それは、結婚式づくりに関わる全ての人々が
 思いやりの心を持ち寄って お手伝いするという意味です」

そんなコンセプトのもと、
マイミクで大切な友人でもあるゆうこりんが
フリーのウェディングプランナーとして独立した。
誰よりも熱いHeart、情熱。しっかりした知識とリーダーシップ。
頑張り屋さんで、感激屋さんで、泣き虫。
だけど、ニコニコほわほわの天然癒し系。
いつも、ひとのことばかり考えていて、結婚式が大好き。
こんな人が自分のプランナーだったら嬉しいよなぁ、と
同業者ながらに思ってしまう魅力的なゆうこりん。

彼女の会社はコンセプトどおりの名前「Heartful Mind」。
HP→http://heartfulmind.com/index.html

そして昨日。初めてのイベント。
ウェディングドレスショーat恵比寿Aoyuzu

ゆうこりんと一緒に仕事がしてみたーいっ!
「休み取ったから!手伝うよ!」というかなり強引な申し出を
快く受けてもらい、ドレスショーのMCをすることに。

ドレスショーの詳細は、今後Heartful MindHPに掲載されるので
そちらをご覧いただくこととして。

結果は…大成功!
お客様からも好評だったようだ。


ドレスショーモデルズ.jpg

かわゆすなモデルズ。

ドレスショーAoyuzu.jpg

ちょっと大人な雰囲気の会場。

※暗いからブレブレですわー(汗)


かかわったすべての人が「成功させるぞ!」という意気込みをもって
シゴトをしている、本当にエキサイティングな時間だった。

普段、守られた「会社」でシゴトをしていると、
どこかに「やらされてる感」を持っている人や
当事者意識のまったくない人が
少なからずいるものだけど、そういう人は一切いない。
自分のシゴトにいい意味でのプライドとプロ意識をもってる。

ワタシはMCのプロじゃない。
だけど、自分のできる精一杯はやった。
お客様に、ゆうこりんの思いが届くように…
うまくできたかはわからないけど、気持ちを入れて話すことはできたと思う。
すごくすごく充実した時間だった。

フリーで活動されている女性の方にもたくさんお会いでき、
いい刺激をたくさんもらってきた。

また一緒にシゴトをする機会があるといいな。
その時には、もっと期待に添える働きができるように。
まだまだ頑張らなくちゃ!
nice!(7)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

BE HAPPY! [ラヴ(ヒト)]

結婚式で泣く新郎は概して良い人が多い。

長くこのシゴトをしているワタシの、勝手な言い分。
あ、もちろん
泣く新郎=良い人、で
泣かない新郎=やなヤツ、ではないのであしからず^^

♡♡♡

GWの初日、3年ぶり(!)に結婚式におよばれしました。
この記事に登場する、新人さんだった彼女の結婚式。
 ※記事主役のAくんではございません(笑)
会場は東京周辺にお住まいの方ならおなじみのC山荘。
庭園で有名な老舗の専門式場です。

職業病で、結婚式を純粋に楽しむことがなかなか難しいワタシ^^;
ここぞとばかりに色々チェックしまくリスト。
 ★ドアマンがいっぱいいる!
 ★どこにでもあるご両家一覧の案内板が出てない!
   (インフォメーションにスタッフが4人くらいいました)
 ★ラウンジでコーヒー出てくるのが遅い!(激混み)
 ★ガーデンで写真を撮っているカップルの数から考えると
  どうやら挙式は15分おきに行われているらしい!
 ★見学・打合せのカップルが20組くらい来てる!(すげー)
 ★介添えさんが着物でレトロなムードがイイ! 
書ききれないほど、偵察をしてまいりました(笑)
競合することはほとんどないのですけれど、悲しい性です^^;

新郎の親御様の希望で神前式を選んだ彼女。
ま~~~~白無垢がめっちゃ似合ってました!!!
洋髪の花嫁さんもステキだけど、文金高島田もよいですわー。
…ちょっとワタシおばさん風???


「シェーナ・ドゥーノ」神田うのプロデュースの衣裳。
白無垢にも綿帽子にも上品な桜の刺繍が入っていて、春らしくステキ。
でも、たいそう重かったらしい(笑)


料理はどれもこれも美味しかったです。
ワタシたちのテーブルを担当してくれたおじちゃん、サービスが手早いこと!!
愛想は全然なかったけど^^;
手さばきに見とれてしまいましたことよ。


こんなところにも「椿」。
テーブルクロスの柄も「椿」。
ボールペンも「C山荘」のネーム入り。
さすが老舗。今年55周年なのだそうです。


赤いバラのブーケを選んだのは、
彼からもらった初めての花束が赤いバラだったから。
ふたりの思い出がいっぱいつまったものなのですね。
そんな風に随所にふたりらしさを表現した披露宴でした。
ドレスがふっわふわで可愛かったぁ♡


号泣新郎。
新郎の友人達がとても盛り上げてくれて
「おめでとう、○○!」「おめでとうっ!!」と新郎に呼びかけていました。
それに感激した新郎は、メインキャンドル点火時に涙、涙。
いきなりの号泣に、新婦思わず笑ってます(笑)

その後、新郎友人達の歌でも、新郎・友人ともに涙、涙。
友達にこんなに祝福される新郎は、間違いなくいいヤツだと思います。
まっすぐで単純でお人よし(新婦談)の新郎は
お色直しをした新婦を見て「サイコーにキレイっす!!」って
とっても嬉しそうに笑ってました。いいヤツだなぁ…しみじみ。

諸般の事情で、最初の予定よりも10ヶ月遅れての披露宴。
日程も会場も変更し、凹んだり泣いたり悩んだり。
この日を迎えるまでに色んなことがあって、
ひとつひとつ乗り越えてきたふたり。

「色んなことがあって迷惑かけても、
 ○○(新郎)はいつも支えてくれて
 それがすごく嬉しかったんです。
 この人となら何があっても大丈夫って自信がつきました。」

結婚式の日取り決定報告メールにあった彼女のことば。
うん、ワタシも彼なら大丈夫だと思うよ。

   Hちゃん、幸せになれよ♡ BE HAPPY!!








♡♡♡

庭園が有名なC山荘なのに、庭の写真がありません。
楽しみにしていたのですよ。とても。

でも…


式終わった途端に、唐突に『嵐』ですよぅ!
雷鳴、暴風雨。写真で木が揺れているのが…わからないか^^;
一緒に行った友達の雨女パワーには恐れ入りやしたm(__)m


会場からの眺めだけでガマンしときます。
披露宴終わったら、もう真っ暗だったし…(T_T)


nice!(11)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

ブルジョアママとヤンキー父ちゃん [ラヴ(ヒト)]

「東京タワー」を読んだ。
詳しい内容はご存知の方が多いだろうから、省略。

全然違うけれど、ついつい自分の両親と重ねて読んでしまった。

続きを読む


nice!(14)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

『辛+一=幸(しんたすいちはこう) ~その手に幸せの羽根が舞い降りる~』  [ラヴ(ヒト)]

お客様からお手紙をいただいた。

3年前の3月27日に担当させていただいた、ご新婦。

「実は2月1日に私の作品が書籍化され、
全国出版をされました。」

何~!?作品?書籍?出版?

「よろしかったら読んでみてください」

もちろん、読みます!読みますとも!
会社と自宅近くの大きな書店で探すも
残念ながら在庫が切れている状態。

即ネットで注文して。今日、やっと手元に届いた。

辛+一=幸―その手に幸せの羽根が舞い降りる

辛+一=幸―その手に幸せの羽根が舞い降りる

  • 作者: 三木 咲也菜
  • 出版社/メーカー: 文芸社
  • 発売日: 2007/01
  • メディア: 単行本

彼女の今までの人生についてのノンフィクション。
読み終えて、涙がとまらなくなった。

***

打合せの時の彼女は、背筋がピッと伸びた「凛」としたイメージ。
いつも微笑みを絶やさない、きちんとした方。
ハキハキと切れ味の良い話し方。
言葉遣いも丁寧でありながら親しみやすい。
こちらがお願いしたことは期日以前にビックリするほどの完成度で仕上げてくる。
「仕事ができる人」ってこういう人の事を言うんだろうなぁと感じていた。

お相手の彼は、とても穏やかで優しい人。
陸上競技でかなり良い成績を持っていると聞いてビックリ。
「競争(競走?)」イメージの全くない、「みんなで一緒に走ろうよ!」タイプ。
職業は、学校の先生。
きっと人気があるに違いない。

陸上部の先輩後輩として出会った二人(彼が先輩)。
おっとり彼としっかり彼女。
いい組み合わせだなと思っていた。



ある日。
打合せの途中だったか、それとも相談が、と来てくれたのか…
彼は来ていなくて、彼女とふたりで話をする機会があった。

突然、真顔になった彼女が言った。
「JOHNさん、実は私、パニック障害なんです。
 結婚することも、結婚式をすることも、
 ホントは不安で不安でしょうがないんです。
 当日、パニックになったらどうしようって…」

不安な気持ち、薬のこと、今までのこと、親御さんのこと…
涙をポロポロこぼしながら話す彼女は、
今までのイメージとは180度違う
小さな小さな女の子のようだった。

パニック障害とは何なのか、その時のワタシは知らなかった。
自分が何を言ったのか、よく覚えていない。
気の利いたことなんて何も思いつかなくて、
ただ「大丈夫ですよ」って言い続けていた気がする。

彼は、そんな彼女を全部知っていて、結婚を決めた。
だから、きっと大丈夫。
じゃなければ、彼女がここまで踏み切れたわけがない。
でも、ワタシに一体何ができるんだろう…答えが出ない。
それでも腫れ物に触るような対応をするのはイヤで
話を聞いてからも変わらずに接しよう、とだけ決めた。

当日、彼女の一番近くにいる介添えにはベテランスタッフをつけた。
大丈夫だと思うけど、と前置きをして彼女のことを伝えた。
できる限り、会場にも足を運んだ。
それしかできなかった。
いつもと変わらない、凛とした彼女。笑顔がキレイ。
彼もそんな彼女を見て、穏やかに笑っている。
滞りなく挙式は済み、披露宴も無事にお開きとなった。

…結婚式から、3年が経つ。

***

本を読んで初めて知ったことがたくさんある。
結婚前後には、彼女の不安や心配はピークだったようだ。
何もできず、披露宴が無事に開いたことにホッとしていたワタシは
のー天気としか言いようがない。

でも…

「結婚して、本当に良かったです。」
「2人ならどんな事も乗り越えていける、といつも思っています。」

彼女の手紙にあった言葉。
「結婚して良かった」って
胸を張って言えるようになった彼女と
大きな愛で見守っている彼に心から拍手を贈りたい。
ふたりの人生にほんの少しでも関われたことが嬉しい。

今では「小さなことも幸せと感じられる」彼女のように
周りに感謝する気持ちを忘れずに、ワタシも頑張っていこう。
彼女からもらった「幸せの羽根」を心に。


良かったら、皆さんも読んでみてくださいね。


nice!(11)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

たたかえ!炎の最弱料理人! [ラヴ(ヒト)]

私は、困っています。
そりゃもう大変に困っています。

土日休みじゃないと、だんだん遊んでくれる人が減るものです。
たまにちょっと連休があるとここぞとばかりに
ゴルフや旅行へと行ってしまうし。
金曜の夜の飲み会、土日のお出かけ。
誘ってもらってもことごとく断り続けて早や○年…

そんな生活の中で、なんと珍しく明日は休み!
だいぶご無沙汰していた友達と会うことにしたのはいいけれど。

友「JOHNの家に遊びに行きたいって、子供が言ってるから、いい?」

J「いいよ!…昔は良~く来てたもんね^^
  子供もだいぶ大きくなったでしょ、会いたいし。
  大歓迎!!」

友「ありがと!じゃ、みんなで押しかけるね!」

J「わかった~!楽しみに待ってるから!じゃ、土曜日ね!!」







…困っています。

ご飯だよ!ご飯!
お招きするといったら、ご飯でしょう!

このブログに料理ネタが過去1度も出てきていない理由。

料理下手(^^)v←こりゃもう威張れるくらいに。
忙しいのを理由に、もんのすごく簡単なものしか作ってません。
しかも、週に3回くらい…(恥)
しかも、我が家は小食ファミリー(何と言ってもふたりだし)。
米2合で1日足りてしまうのです。

土日休みで、結構友達を呼んでいた頃は
料理下手の救世主ホットプレートや土鍋を出して
ガーッとワーッと作ってごまかしてたんですけどね。

明日やってくるのは
小気味いいほど、ご飯を食べる友達夫婦。
さらに、10歳♀、7歳♀、6歳♂×2の4人の子供たち。
合計、6名様、ご案内いたしま~~~す♡

スペース的に、ホットプレート&土鍋、却下。

一体どのくらい食べるだろう???
簡単で見栄えが良くて楽しくて美味しい料理はないものか。
日々の積み重ねが何もないっ!思い浮かぶはずもなく( ̄□ ̄;)

日ごろの手抜きを大後悔&猛反省しつつ、
地道に大量の食材とこれから格闘いたします。

何を作るかって?

もちろん予定はあるものの、どんなものができあがるか。

…それは、神のみぞ知る。

我が食卓に栄光あれ!
ガンバレ、自分!

=========2007.1.27.Sat 追記===========
私は、困っています。
そりゃもう大変に困っています。

昨夜、友達ダーリンからのメール…

「次女と、妻が熱を出しまして、いけなくなっちゃいました!
ホントにごめんなさいっ!!」

遠足熱かいっ!(笑)でも、無理はいけません。
会えると思って楽しみにしてたのに、すげー残念…
次に土日が休めるのはいつのことだろう。
また4~5年会えなかったりして^^;

そして、我が家の冷蔵庫には。
大量の肉じゃが風の煮物
大量の煮込みチビハンバーグ風の肉料理
大量のおむすび用具材(鮭・たらこ・ちりめん・揚げ玉)
大量の水菜・きゅうり・ほうれん草・イチゴ・パイナップル
大量のジュース・牛乳

これ、食べきるのにどんだけかかるだろ(笑)
うーん、甥っ子達のところに持っていこう…

ぶつぶつ言いながらも楽しくて張り切っていただけに、
すっかりフヌケになってしまった土曜日朝の私なのであった。

今日は、自転車でも乗りに行こうかな。うん。


nice!(9)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の10件 | - ラヴ(ヒト) ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。